代表取締役CEO, Founder | 坂下理紗

野村證券投資銀行部門、ブルームバーグLLP、銀座ギャラリーズ等に勤務したのち、技術マッチングサービスのスタートアップ企業、リンカーズ株式会社へ参画。同社にて執行役員営業統括本部長を務める。
開業医の祖父から幼少期より影響を受け、真に医療現場に価値ある製品を創成したいと考えナノティス株式会社を創業。
東京大学大学院理学系研究科 物理学専攻修了(理学修士)、東京理科大学理学部物理学科卒業。

取締役CTO, Founder | 小野田実真

高分子材料・バイオマテリアル・バイオミメティクス・非線形非平衡化学の研究を専門とし、東京大学修士課程主席修了。東京大学総長賞を受賞。日本学術振興会特別研究員DC1(創業に伴い中途辞退)。統合物質科学リーダー養成プログラム(MERIT)フェロー。
研究室の講師を通じて坂下と出会い、博士課程在籍中にナノティス株式会社を創業。
東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻 博士課程在籍中。東京大学工学部マテリアル科卒業。

テクノロジーディレクター | 江口晃弘

細胞工学・タンパク質工学を専門とし、細胞運命を利用してタンパク質間相互作用を検出するシステムの研究に従事している。統合物質科学リーダー養成プログラム(MERIT)フェロー。
修士課程在籍中に統合物質科学リーダー養成プログラム(MERIT)を通してナノティス株式会社に参画。
東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 博士課程在籍中。東京大学工学部化学生命工学科卒業。

テクノロジーディレクター | 永井陽子

技術員として12年大手製薬企業、食品会社等にてバイオケミストリー領域における機器分析全般、医薬品研究開発等に携わる。大学卒業後、慶應義塾大学の国家プロジェクトチームに参画。その後大手製薬企業にてC型肝炎や骨粗しょう症等注射剤の研究開発、外資系製薬企業にて医薬品副作用症例の評価業務に従事。
Nanotisのミッション、「いつでもどこでも誰でも」という製品コンセプトに深く共感し参画。

社外取締役 | 中尾浩治

テルモ株式会社 顧問
日本医療機器産業連合会 会長
日本医療機器テクノロジー協会 会長
日本メドテックイノベーション協会 理事

慶應義塾大学法学部卒業。1970年テルモ株式会社入社。米国テルモメディカル会長兼CEO、テルモ取締役副社長執行役員などを歴任し、2011年代表取締役会長に就任。2016年より同社顧問に就任。

ほか研究員1名、東京大学工学系研究科博士課程の協力研究員5名(研究員計8名)

技術顧問 | 長棟輝行

1975年3月東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻修士課程修了。同年4月より理化学研究所化学工学研究室研究員補、1985年3月東京工業大学にて博士号取得、同年4月より理化学研究所化学工学研究室研究員、1992年8月理化学研究所化学工学研究室副主任研究員、1993年8月東京大学工学部教授(2018年3月に退官)。この間1988年から1989年までイリノイ大学生化学科客員研究員。1993年市川産業省功績賞、2001年3月玉置明善賞、2006年4月IUPAC Fellow on Biotechnology、2014年3月池田亀三郎賞等受賞歴多数。

共同研究 | 東京大学大学院工学系研究科
化学生命工学専攻 細胞創成工学研究室

遺伝子工学やタンパク質工学、酵素工学などを生体分子に適用し、天然を超える生体分子や細胞を作り、医工学分野への応用を目指している。
細胞創製工学研究室のホームページはこちら

河原正浩 准教授

2002年3月東京大学工学系研究科化学生命工学専攻博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(DC2)。2002年4月より東京大学大学院工学系研究科助手。2006年-2008年まで、日本学術振興会海外特別研究員として米国マサチューセッツ大学医学部病理学科で抗原提示機構について研究を行った。2008年より東京大学大学院工学系研究科講師、2015年より現職。

共同研究 | 東京大学大学院工学系研究科
マテリアル工学専攻 吉田・秋元研究室

生命現象/生化学反応のダイナミックな特徴に着想し、新しい機能材料を創製している。
吉田・秋元研究室のホームページはこちら

吉田亮 教授

1993年3月早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了。1993年4月東京女子医科大学医用工学研究施設(現・先端生命医科学研究所)助手、1994年4月工業技術院物質工学工業技術研究所(現・産業技術総合研究所)研究員、1997年7月筑波大学応用生物化学系講師、2001年4月東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻助教授(2007年4月より准教授)、2012年3月東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻教授となり、現在に至る。平成21年度高分子学会Wiley賞など受賞。

共同研究 | 大曲貴夫, M.D., M.Sc., Ph.D

国立国際医療研究センター
国立国際医療研究センター病院 副院長
国際感染症センター センター長

1997年佐賀医科大学・医学部医学科卒業。
同年より聖路加国際病院 レジデント勤務後内科医員として勤務。2001年、会田記念病院内科医師。2002年、The University of Texas-Houston Medical School 感染症科、2004年から2010年まで静岡がんセンター感染症科にて、医長から部長まで経験。
2011年より国立国際医療研究センターに勤務、2012年に同国際感染症センター・センター長として現職。
2015年、愛知医科大学大学院・臨床感染症学医学博士取得。